ここから本文です

任天堂の次世代機「NX」はカートリッジ方式に? WSJ報道

ITmedia ニュース 9月6日(火)14時55分配信

 任天堂は、次世代ゲーム機「NX」にカートリッジを採用する見込み――米Wall Street Journalがこのほど、関係者からの情報として報じた。カートリッジはディスクに比べて傷がつきにくいため、子どもでも扱いやすいなどの利点があるという。

 近年の据え置き型ゲーム機の多くは、カートリッジよりも取り込めるデータ容量が大きく、製造単価が安い光ディスクを採用している。だが報道によると、韓国Samsung Electronicsや東芝が低コスト・大容量のフラッシュメモリの開発を進めていることを受け、カートリッジが再び注目を集めているという。

 任天堂はNXを2017年3月に発売予定としているが、システム詳細についてはコメントを控えている。一方、バランスボールなどと連携するトレーニング器具のようなコントローラーの開発に乗り出しているとのうわさもある。

最終更新:9月6日(火)15時48分

ITmedia ニュース

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。