ここから本文です

中国、汚職容疑者リストの3分の1を本国送還

ロイター 9月6日(火)15時20分配信

[北京 6日 ロイター] - 中国共産党の汚職監視機関である中央規律検査委員会(CCDI)は6日、国際刑事警察機構(ICPO)がレッドノーティス(国際的な逮捕令状に最も近い文書)を出した汚職容疑者100人のうち、33人を逮捕したと明らかにした。

中国は2015年4月にこのリストを公表。容疑者を追跡するチームを設立し、資金74億7000万元(11億2000億ドル)とともに世界70カ国以上から1915人を本国に強制送還したという。

同国の習近平国家主席は就任以来、汚職摘発を推進しており、海外に協力を求めてきた。ただ、人権団体は容疑者虐待の恐れがある国への送還には問題があるとみており、西側諸国は中国への協力や犯罪者引渡条約の締結に後ろ向きだ。

最終更新:9月6日(火)15時20分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。