ここから本文です

【WTCC 日本ラウンド】ロペスが暫定ながら3年連続チャンピオン「チームのみんなのおかげ」

レスポンス 9月6日(火)20時48分配信

4日にツインリンクもてぎで行われたWTCC第9戦JVCKENWOOD Race of Japanでホセ・マリア・ロペス(シトロエン)が暫定ながら3年連続チャンピオンを決めた。

[関連写真]

2014・2015年の2年連続でタイトルを獲得。今季もここまで7勝を挙げ、ランキング首位を快走する強さをみせていたロペス。予選Q3ではチームメイトのイヴァン・ミューラーに対し0.8秒もの大差をつける速さでポールポジションを獲得した。

オープニングレースはリバースグリッドで10番手からのスタートだったが、徐々に順位を上げ4番手へ。さらに前を走るティアゴ・モンテイロ(ホンダ)も攻略しようと攻め込んでいったが、順位を入れ替えるまでには至らずチェッカーフラッグ。このレースは4位で終える。

続くメインレースはポールポジションスタート。トップで1コーナーを通過すると、序盤から後続を引き離し独走状態に。このまま今季8勝目かと思われたが、残り2周でスローダウンし、僚友のミューラーにトップを謙譲。ロペスは2位でチェッカーを受けた。

これにより合計319ポイントとなり、ランキング2位モンテイロとの差は140ポイントとなった。本来ならここでチャンピオンは決まらないのだが、第11戦タイラウンドが中止になる予定で、それを踏まえればロペスの3年連続チャンピオンが事実上決定したことらなる。

タイラウンドの中止は9月末に開催予定の世界モータースポーツ評議会での承認を得ないと正式決定しないため、現時点では暫定チャンピオンという扱いとなった。

それでもタイラウンド中止はほぼ決まっているため、母国アルゼンチン国旗を掲げウイニングラン。パルクフェルメでもチームメカニックたちと喜びを爆発させていた。

レースを終えたロペスは「今振り返ると、素晴らしい3年間となった。僕は今世界で一番幸せだなと感じる。でも、この結果はチームのみんなのおかげだと思っている。本当に感謝している。3年間、みんなで力を入れてものすごく頑張った。その結果、1度だけじゃなく3回も連続してチャンピオンを獲得できたことはとても光栄だよ」とコメント。

またミューラーに勝利を譲った経緯については「簡単な決断ではなかった。でも、いろいろ考えてみるとイヴァンには長年お世話になった。その感謝の気持ちも込めて譲ったよ。もちろん、僕自身も優勝して母国の国家を聞きたかったが、それよりも、イヴァンにこうした事ができるのは今しかないと思い、尊敬しているチームメイトにトップを譲った。彼も一流のドライバーだから分かるとは思うが、自分の勝利を誰かにあげるというのは難しい。ただ、それだけ彼を尊敬しているし、このチャンスを逃したくなかった」と語った。

なお来年はフォーミュラEへの転向が決まっているロペス。彼にとってはもてぎでの日本ラウンドは最後。普段から日本が大好きという彼にとっては思い出深いレースになったことは間違いないだろう。

《レスポンス 吉田 知弘》

最終更新:9月6日(火)20時48分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]