ここから本文です

松本で陶芸家・栢野紀文さん個展 ラフなタッチの新作含む200点超 /長野

みんなの経済新聞ネットワーク 9月6日(火)17時1分配信

 松本・浅間温泉の「手仕事扱い処(どころ)GALLERYゆこもり」(松本市浅間温泉3、TEL 0263-46-2066)で現在、陶芸家・栢野(かやの)紀文さんの個展「栢野紀文陶展VI Let’s enjoy colorful final carnival!」が開催されている。(松本経済新聞)

新作のカップは内側が鮮やかな色に

 皿やカップなどの食器や、土鍋、オブジェなど200点以上を展示する。ラフなタッチの絵を付けた新作は、半乾きの状態で線を入れ、素焼きをした後にやすりをかけてコバルト化粧を塗って色を入れている。「昔から、思い付くままに線を描くことはしていたが、それを上手く生かしたいと思った」と栢野さん。内側が鮮やかな黄色のカップは、「コーヒーを入れるととても映える。朝、今日も一日元気に過ごそうという気持ちになれる」と愛用者からのコメントも。

 床の間に飾った「ぬしモン」と名付けたオブジェは、高さ70センチほどの大きさ。色使いを減らしてシンプルに仕上げた。「庭に飾るようにもっと大きなものを作りたかった」と栢野さん。ほかに、狛犬やどくろなどのオブジェも並ぶ。

 栢野さんの代名詞といえる「チタンマット」シリーズのほか、昨年登場した黒色のシリーズ、磁器用の釉薬(ゆうやく)を使った白色のシリーズと、さまざまな作風を展開。「新しい作風が出ないと…と5、6年ずっと言い続けていた(笑)。昨年はその片鱗を感じ、今年は形になった」と同ギャラリーの瀧沢一以さん。

 同ギャラリーで6回目となる同展は、展示名に「ファイナル」と付けた。「お祭りは今回で一区切り。にぎやかで元気になれる『ハレ』の器からさらなる発展を期待したい」と瀧沢さん。「使ってくれる人の反応を見たり、声に耳を傾けたりしながら、チャレンジしていきたい」と栢野さん。

 作品は全て販売する。そばちょこ=2,500円~、皿=3,000円~、マグカップ=3,500円~、土鍋1万6,000円~など。営業時間は10時~18時。木曜・金曜定休(9月10日は休み)。9月25日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月6日(火)17時1分

みんなの経済新聞ネットワーク