ここから本文です

アシアナ航空旅客機の相次ぐ受難…今回は整備ミス

WoW!Korea 9月6日(火)17時28分配信

アシアナ航空の旅客機が作業者のミスと思われる整備事故で相次ぐ受難を経験している。今回は整備作業中、尾翼がひどく破損し、9日間、運航できずにいることが確認された。

 6日、アシアナ航空によると、275席規模のA330(HL8258)中型旅客機は先月28日、仁川空港の格納庫で整備に入った。該当の機体は整備を終えて牽引車で移動中、作業者のミスで尾翼が格納庫の扉とぶつかる事故が発生した。

 HL8258は水平尾翼が大きく破損しており、これにより運航投入も全面中断。アシアナ航空はエアバス本社から部品を受け取り、修理する予定だと伝えた。

 アシアナ航空側は「韓国に常駐するエアバスのエンジニアと収拾案を議論中」とし「整備中に発生したことなので、運航日程には全く支障がない」と述べた。

最終更新:9月6日(火)17時28分

WoW!Korea