ここから本文です

立川の産婦人科で家族イベント 母親同士や地域とつなげることを目指す /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月6日(火)17時0分配信

 立川の「井上レディースクリニック」(立川市富士見町1)で9月11日、子連れで楽しむイベント「なないろフェスタ」が開かれる。主催は立川を拠点に活動する「子育てリンクコミュニティー Dear Mother」とNPO法人「マザーシップ」。(立川経済新聞)

 Dear Motherはコンセプトの一つに「ママがつながる、まちとつながる」を掲げ、母親同士が自分の住む地域で仲間を増やし、つながる「コミュニティー事業」に力を入れる。同代表の水城優子さんは妊娠中に「子どもと一緒に働きたい。そうすることで、子どもが育っていく町や人につなげていきたい。子どもが成長できる場、ママや女性が活躍できる場をつくっていこう」という思いを抱き、2015年8月に同団体を発足した。

 現在のメンバーは13人。水城さんは「メンバーの経験や特技を生かして企画運営や広報をしている。それぞれのスキルや才能を生かして、地域のあらゆる立場の人たちとつながって協働していきたい」と話す。

 毎月、「おやこカレンダーづくり」「ベビーマッサージ」などのイベントを開き、これまでの参加者は100組を超える。「立川に越してきたのは2年前だが、地域のたくさんの人に支えられてやってこられた。だからこそ地域で一人でも多くのお母さんが互いにつながっていけるよう力を入れていきたい」と話す。

 同イベントは「体験する」「学ぶ」「楽しむ」をテーマに、ハンドメード品の販売やワークショップなどが約30出店するほか、企業・団体の協賛も5ブースほど出店し、来場者を地域や応援したい人とつなげることを目指す。

 同院の井上裕子院長が代表を務めるマザーシップとの共催について水城さんは「井上先生と『ママや女性を応援したい』『地域皆でつながり合える、そんな場所をつくっていこう』と意気投合した」と話す。当日は乳がん検診や乳がんについて学べる「ピンクリボンツアー」や井上さんによるミニトークショーを予定する。

 「多才で多彩な特技やスキルを持つ方が集まり、子育てを頑張っているママや家族、そしてこれからママになる人に『楽しい』と『学び』を届ける地域に密着したファミリーイベント。ぜひ来場いただければ」と呼び掛ける。

 開催時間は10時~15時。入場無料。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月8日(木)1時13分

みんなの経済新聞ネットワーク