ここから本文です

9月6日は「MBSラジオの日」…FM周波数にちなみ

スポーツ報知 9月6日(火)12時22分配信

 今年3月にFMラジオによる補完放送を始めたAMラジオ局のMBSラジオ(毎日放送)が6日、FM周波数90・6メガ・ヘルツにちなむ9月6日を「MBSラジオの日」として申請し、日本記念日協会から認定を受けた。

 1974年から続く長寿番組「ありがとう浜村淳です」(月~土曜・前8時)で40年以上パーソナリティーを務めている浜村淳(81)が、局の代表として同番組内で登録証を受け取った。

 ラジオ局では文化放送が11月3、4日、ニッポン放送が9月30日を周波数にちなんで記念日に登録しているが、在阪局では初めて。浜村は7月7日に亡くなった放送作家・永六輔さん(享年83)から「ラジオの方が(テレビよりも)人の心に入り込む力が強い。ラジオを大事にして」とアドバイスされた思い出を明かし「記念日を決めただけで、つまらん番組をやってると思われるようではいけない。登録されたことに負けないような内容の放送をやりたい」と決意を新たにした様子だった。

 ちなみに9月6日は「黒の日」「黒豆の日」「クレームの日」など28もの記念日が集中。色黒で有名な歌手の松崎しげる(66)も昨年、デビュー45周年に際して「松崎しげるの日」との申請が認められている。

最終更新:9月6日(火)12時22分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。