ここから本文です

韓米首脳「THAAD含む連合抑止力維持」=中国の役割も重要

聯合ニュース 9月6日(火)20時34分配信

【ビエンチャン聯合ニュース】東南アジア諸国連合(ASEAN)を中心とした一連の首脳会議に出席するためラオスを訪問中の韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領とオバマ米大統領は6日、首脳会談を行い、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」を含む韓米連合の抑止力を維持することで一致した。また北朝鮮の核問題を解決していくために中国とも引き続き協議していくという。

 両首脳がビエンチャン市内のホテルで首脳会談後に共同会見発表文を通じ明らかにした。

 朴大統領は「韓米両国は北のいかなる挑発にもあらゆる手段を用いて強力に対応することを明確にする。THAAD配備を含む連合防衛力の増強などを通じ、強力な抑止力を維持することにした」と述べた。

 また、対北朝鮮制裁の効果的な履行や核問題の解決で中国の役割が重要であることを踏まえ、韓米両国はさまざまなルートを通じ、中国側と引き続き協議していくと説明。北朝鮮住民の人権改善は統一に向けた重要な土台になるとし、統一は北朝鮮住民も同等に待遇を受けるチャンスを与えてくれると話した。

 オバマ大統領は「THAADは純粋な防衛体制で北朝鮮の脅威に対応するためのもの。米国の韓国の対北防衛に対する支持を明確にし、揺らがない。北朝鮮の挑発は韓国の脅威になるだけではなく、同盟国と米国に対する脅威」と強調した。

最終更新:9月6日(火)20時46分

聯合ニュース