ここから本文です

米国のアジア回帰戦略、一時的な関心ではない=オバマ大統領

ロイター 9月6日(火)18時29分配信

[ビエンチャン 6日 ロイター] - オバマ米大統領は6日、米外交政策のアジア回帰戦略について、同政権の「一時的な関心」を反映したものではないと指摘した。大統領は訪問先のラオスの首都ビエンチャンで演説し「米国がこの地域で主要なプレーヤーとなるよう、外交政策のリバランス(再均衡)に取り組んできた」と説明した。

環太平洋連携協定(TPP)を前進させられなければ「米国の指導力が疑問視される」と指摘し「地域全体にとっても米国にとっても重要だ」と強調した。

また中国を念頭に、大国が小国に命令すべきではないと述べた。

最終更新:9月6日(火)18時29分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。