ここから本文です

蛭子能収 何でも「忘れてた」「分かってない」を連発

デイリースポーツ 9月6日(火)18時56分配信

 京都国際映画祭2016(10月13~16日、京都市内各所)のプログラム発表会が6日、京都市のよしもと祇園花月で行われ、漫画家でタレントの蛭子能収(68)が場内を“蛭子ワールド”に包み込んだ。

 アート部門で「蛭子能収『えびすリアリズム』」と題した展示を行う蛭子は、アートプランナーの芸人・おかけんた(55)とともに会見。おかに「今回は、18禁の作品も出していただくんですよね」と問われると「え?18きん?なに?」と、展示内容を忘れている様子だった。

 また「蛭子さんは吉本興業の『吉本新喜劇やめよッカナ?キャンペーン』のポスターイラストも描いていただいたんですよね」と聞かれても「忘れてた」とおとぼけ。

 おかに「楽屋で台本見て、ちゃんと打ち合わせしたでしょ!」と指摘されると蛭子は「台本…あ、これ?」と、ジャケットのポケットに突っ込まれた台本を指さして苦笑い。

 さらに「映画祭は何日に開幕するか分かってますか?」と聞かれて「分かってない」と応えるなど、場内を笑いに包み込んだ。

最終更新:9月6日(火)19時5分

デイリースポーツ