ここから本文です

「PC-9801」「PC-100」「アレグレット PDR-2」などが未来技術遺産に

ITmedia ニュース 9/6(火) 16:58配信

 国立科学博物館は9月5日、2016年度の「重要科学技術史資料」(愛称:未来技術遺産)に、NEC(当時)の16ビットPC「PC-9801」「PC-100」や、東芝のデジタルカメラ「アレグレット PDR-2」など16件を登録すると発表した。世界技術遺産は合計225件になる。

【その他の画像】

 PC-9801は、1982年に発売された、日本で最も普及した16ビットPC。PC-100はいち早くマウスとGUIを搭載したPCで、83年に発売された。「アレグレット PDR-2」は、世界で初めてCMOSセンサーを採用したデジカメだ。

 このほか、世界最初の超短波アンテナである八木・宇田アンテナ(1930年製作)や、ソニーの小型テープレコーダー「TC-50」(1968年発売)などが加えられている。

最終更新:9/6(火) 17:09

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。