ここから本文です

「PC-9801」「PC-100」「アレグレット PDR-2」などが未来技術遺産に

ITmedia ニュース 9月6日(火)16時58分配信

 国立科学博物館は9月5日、2016年度の「重要科学技術史資料」(愛称:未来技術遺産)に、NEC(当時)の16ビットPC「PC-9801」「PC-100」や、東芝のデジタルカメラ「アレグレット PDR-2」など16件を登録すると発表した。世界技術遺産は合計225件になる。

【その他の画像】

 PC-9801は、1982年に発売された、日本で最も普及した16ビットPC。PC-100はいち早くマウスとGUIを搭載したPCで、83年に発売された。「アレグレット PDR-2」は、世界で初めてCMOSセンサーを採用したデジカメだ。

 このほか、世界最初の超短波アンテナである八木・宇田アンテナ(1930年製作)や、ソニーの小型テープレコーダー「TC-50」(1968年発売)などが加えられている。

最終更新:9月6日(火)17時9分

ITmedia ニュース