ここから本文です

田町・芝浦にワインバー「ISOLA」 店内にアート作品展示、販売も /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月6日(火)18時23分配信

 田町駅芝浦口エリアに9月5日、ワインバー「ISOLA(イゾラ)」(港区芝浦3、TEL 03-6435-4413)がオープンした。(品川経済新聞)

店内の様子

 コンセプトは「とっておきのワイン時間、ワインとアートと音楽と」。店内には、オーナーの天野芳彦さんの友人でアーティストの國井英和さんらの作品を展示し、気に入った作品はその場で購入予約ができるという。BGMはヨーロッパ各国のポップスやジャズが中心。店舗面積は約16坪、席数は28席。

 天野さんは前職でワインマーケティングを担当。その経験から、ヨーロッパ各国を中心とするワインに魅了され、ワインエキスパートと英国ワイン&スピリッツ教育財団認定のWSET Advanced Certificateの資格を取得した。

 「シャルドネやピノなど、品種ベースで世界各国からセレクトしたワインを提供している。ワインの知識が豊富な人だけでなく、ワインビギナーやアート・音楽好きの人々が集まる場所になれば。大きな看板もないビルの4階なので、隠れ家のような雰囲気も。お一人でも気軽に立ち寄ってほしい」と話す。

 メニューは、各種グラス1,000円~、各種ボトル4,000円~から提供する。そのほか、カナッペや自家製テリーヌ(以上、各700円~)などを用意。3種のワインに小皿の付いた「テイスティングセット」(1,500円)なども。全席禁煙で、チャージやお通しはなし。

 「ワインは世界各国で生産されるグローバルなお酒。しかし、ブドウが育つ自然環境、醸造家の手法や技、さらに生産国の文化など、さまざまな要素が重なって完成する繊細さがある」と天野さん。「ゆったりとワインを楽しめる、落ち着いた空間を求めている人はぜひ。ワインコミュニティーの起爆剤・発火点となり、地域交流の起点になれれば」とほほ笑む。

 営業時間は18時~翌2時。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月14日(水)14時17分

みんなの経済新聞ネットワーク