ここから本文です

第2四半期のユーロ圏GDP確報値は前期比+0.3%、輸出好調

ロイター 9月6日(火)19時13分配信

[ブリュッセル 6日 ロイター] - 欧州連合(EU)統計局が発表した第2・四半期のユーロ圏の域内総生産(GDP)確報値は前期比0.3%増、前年同期比1.6%増で、改定値および市場予想と一致した。成長率は第1・四半期から鈍化した。

輸出と家計支出は堅調だったものの、投資などは振るわなかった。

ユーロ圏の3大経済国の前期比の成長率は大幅に鈍化した。フランスが第1・四半期の0.7%から、第2・四半期はゼロ成長に落ち込んだほか、イタリアも0.3%からゼロ成長となった。第1・四半期に0.7%成長したドイツは、第2・四半期は0.4%成長に減速した。

最終更新:9月6日(火)19時16分

ロイター