ここから本文です

「オチビサン」×伝統工芸、第1弾は舞台・鎌倉の老舗とコラボした豆皿セット

コミックナタリー 9月6日(火)19時56分配信

安野モヨコ「オチビサン」と中川政七商店による、日本の伝統工芸を用いた商品開発プロジェクトがスタート。第1弾として、鎌倉の伝統工芸である鎌倉彫の老舗・博古堂とのコラボグッズが発売された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「オチビサン」の舞台である鎌倉の、鶴岡八幡宮前に店を構える博古堂。グッズは鎌倉の随所に咲く四季折々の花と、作中のエピソードをモチーフにした3枚組の豆皿セットが用意された。オチビサンの大好きな桜の形をした「オチビサンの金平糖豆皿」は、オチビサンのシンボルカラーである赤色に、ナゼニが心の星と称える桔梗の形の「ナゼニのようかん豆皿」はナゼニカラーの黒に、あじさいパンを食べるバター皿としても使える「パンくいのバター豆皿」はパンくいカラーに仕上げられた。

価格は2万7千円。商品は爪楊枝セットと、明日9月7日発売の「オチビサン」8巻とともに届けられる。特設ページでは、職人によるこれらのグッズの制作工程を写真とともに紹介。1工程に1日かかるという丁寧な作業風景が見られるので覗いてみては。

最終更新:9月6日(火)19時56分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。