ここから本文です

山崎賢人 観客が演奏者に変身、誕生日サプライズ祝福「すげえ」と感激

デイリースポーツ 9月6日(火)19時33分配信

 女優・広瀬すず(18)と俳優・山崎賢人(21)がダブル主演した映画「四月は君の嘘」(10日公開)の公開直前イベントが6日、都内で行われ、7日が22歳の誕生日となる山崎を、観客が楽器でサプライズ祝福した。

【写真】広瀬すず髪バッサリで驚きの声

 今作の公式サイトで楽器を弾けることを条件に、イベント参加者300人を募集。大半を占めた10代の女子らが私物のトランペット、バイオリン、フルート、クラリネット、オーボエ、トロンボーンなどを持ち込んだ。イベント直前に15分間の練習をしただけでぶっつけ本番。楽器は黒い布で覆うなどして、主役の山崎から隠した。山崎が後ろを向く間に演奏の準備をし、♪ハッピーバースデーを奏でた。

 演奏が終わるや、熱狂的な黄色い声援を浴びた山崎は「すげえ。みんな、オーケストラの人?」と目をパチクリ。「すごいビックリです。こんな誕生日、2度とないかな。ありがとうございます。生きてて良かったです。この光景は多分、忘れないです」と感激していた。

 また、イベントで「劇中でデートシーンがいくつも出てくる中で一番憧れるのは?」と聞かれた広瀬は、「2人のシーンとか、お出かけシーンは全部憧れだなと。ワクワクする感じでドキドキもある。変にテンションが上がってしまう」と笑顔で返していた。

最終更新:9月6日(火)21時20分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。