ここから本文です

寝台特急「北斗星」のパーツ使ったホステル、JR東がオープン

ねとらぼ 9月6日(火)17時29分配信

 JR東日本は、訪日外国人旅行者向けに低価格の宿泊施設を2つ開発すると発表しました。寝台特急「北斗星」のパーツを使ったホステルと、女性専用のカプセルホテルです。

【北斗星ホステル内部イメージ】

 「Train Hostel 北斗星」は東京・日本橋に12月中旬にオープン予定。運行廃止になった北斗星で実際に使われていた2段ベッドや個室寝台の一部を内装に再利用。施設内に観光地の情報ブースも設けます。7階建てで宿泊料金は1泊2500~4000円。

 女性専用カプセルホテル「(仮称)神田カプセルホテル」は2017年7月に神田駅(東京都千代田区)近くにオープン予定。訪日外国人旅行者だけでなくビジネス利用も想定し、宿泊料金は5000円程度を予定しています。

最終更新:9月6日(火)17時29分

ねとらぼ