ここから本文です

ご当地アイドル「はちぷり」の「ゆきんちゅ」休業へ 11月にラストステージ /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月6日(火)20時55分配信

 八王子市内をベースに活動するアイドルユニット「8princess(エイト・プリンセス)」リーダーの「ゆきんちゅ」こと荒井優希さんが9月1日、11月開催の定期ライブをもって「8princess」を休業することを明かした。 (八王子経済新聞)

 2013年3月に行われた「メンバー入れ替えオーディション」で、研究生から第2期メンバーに選ばれて以来、3年半にわたって活動してきた荒井さん。現在は「8princess」のリーダーとして、中神璃子さん、白岩愛乃さん、鴨下祐季さん、佐々木なおみさんとともに活動している。

 これまで大学に通いながら活動を続けてきたが、「必修科目などが今後、想像以上に増すことが分かり、このままではこの先メンバーにも迷惑をかけてしまうと本人からの申し出があった」と統括プロデューサーを務める鷹取直比斗さん。「今年の初旬から何度かメンバーを含め協議してきたが、やはり将来を見据えての学業と芸能の二足のわらじは非常に厳しくなってきたこと、本人の固い意志で決めたことを尊重し、了承することにした」と話す。

 これまでの活動への貢献なども考慮し、「来年の4月末までに『8princess』の復帰および卒業という、ソロ転向の意志を明確にする」などの条件をつけ、卒業ではなく休業という形をとることにした。「1人の演者として、人前でパフォーマンスすることは幼少からの夢であり、夢半ばで諦める事には精神的にもかなりのストレスを抱えているのも事実」と鷹取さん。

 「もう一度将来のことを考えながら弊社事務所に残ってはどうか?と提案したところ、本人も涙ながらに『そんな好待遇では今まで支えてくれたファンの皆さん、そして一緒にやってきたメンバーに申し訳ない。でも、もしそんな事が許されるのであれば残りたい』との希望もあったので、契約を継続更新することにした」という。

 11月20日に開催予定の定期ライブ「八姫祭 Vol.24」が「ゆきんちゅ」にとって休業前のラストステージとなる。休業中はブログ、ツイッターなども含めて休止する。鷹取さんは「応援メッセージを送ってあげてほしい」とファンに呼び掛ける。

 「11月の八姫祭までは荒井優希自身、今まで蓄積した8プリパワーを出し切って演じてくれると思う」と鷹取さん。9月からは3代目となるリーダーに佐々木なおみさんが就任したことも明らかにし、「11月21日より8princess第7章として活動していくことをお約束する」と意気込む。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月6日(火)20時55分

みんなの経済新聞ネットワーク