ここから本文です

印刷通販のグラフィック、クレジットカード情報が流出 不正アクセス受け

ITmedia ニュース 9/6(火) 17:55配信

 インターネット印刷通販事業を手掛けるグラフィックは9月6日、今年7月に8985件の顧客情報が流出したと報告していた件で、新たにクレジットカード情報の一部が流出していたことが分かったと発表した。

【流出の疑いがある情報の詳細】

 同社は7月、外部(中国籍サーバ)からの不正アクセスで、利用者の住所や氏名、電話番号、メールアドレスなどが流出したと発表。一方「クレジットカード情報をお客様からお預かりしていないため、クレジットカード情報の流出はございません」(同社)としていた。

 だが、その後の調査で、顧客情報データベースの決済ログにカード情報が含まれていたと判明。これまでに395件の流出を確認しているが、どの顧客の情報か分からないため、2010年7月21日から16年7月23日までにカード決済を利用した全ての顧客情報(19万2594件)に流出の恐れがあるという。流出の疑いがある情報は、クレジットカード番号、セキュリティコード(3桁か4桁の確認番号)、有効期限、グラフィックの会員ID。

 同社によれば、Web上でカード決済サービスを始めた07年当時は、カード情報をサーバに通さず記録しないシステムだったが、利便性向上のためにプログラムを変更した10年7月21日以降、決済ログにカード情報の文字列が残る状態になっていたという。流出発覚後、データベースからカード情報を全て削除。原因のプラグラムも修正したとしている。

 流出の可能性がある顧客には謝罪メールを順次配信するほか、おわびとして500円分のQUOカードを発送するという。身に覚えのないクレジットカード利用履歴がある顧客に対しては、カード発行会社に連絡し、Webサイトのパスワードも変更するよう呼び掛けている。

最終更新:9/6(火) 17:55

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。