ここから本文です

D・クレイグに155億円でボンド役続投のオファー!?

Movie Walker 9/6(火) 19:01配信

ダニエル・クレイグからジェームズ・ボンド役のバトンを引き継ぐ俳優について様々な憶測が流れては消えているが、結局は次の2作もダニエルが主演を続投する可能性が出てきた。Radar Onlineによれば、製作側はシリーズの次作2本にダニエルを出演させるため、1億5000万ドル(約155億円)でオファーしているという。

【写真を見る】次の007は誰!?候補の一人とされるイドリス。その他ボンド候補はこちら

ソニー・ピクチャーズがこの決断に踏み切ったのは、あと2作にダニエルを起用することで、ダニエルからより若手のボンド俳優へと、無理のない交代を行うためだそうだ。「スタジオはダニエルに続投させようと必死だ。長期的にボンドを演じられる若手俳優へと段階的に交代できるようにするためだ」

「スタジオ幹部はみなダニエルを高く評価している。だから、『007』シリーズが重要な時期に差し掛かっているときに彼を失いたくはないと思っている。スムーズで、安全な主役交代を行うためには現状、ダニエルの存在は欠かせないとスタジオ側は考えている」と関係者が同サイトに明かしている。

「次の2作は連続して撮影され、ダニエルが新ボンドにバトンを渡す前の物語になる。そして3本目で新ボンドが登場し、そこから新たな世代のストーリーが始まる」と関係者は話している。イドリス・エルバ、トム・ヒドルストン、エイダン・ターナー、ジェームズ・ノートンなど様々な俳優の名がボンド候補としてあげられてきたが、この関係者の話が真実ならば、スタジオ側はかなり若手の俳優を次のボンドに想定していることになる。【UK在住/MIKAKO】

最終更新:9/6(火) 19:01

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]