ここから本文です

スマホで運転するプラレール「ダブルカメラドクターイエロー」登場 運転士視点で操作

ITmedia ニュース 9月6日(火)18時4分配信

 タカラトミーは9月6日、車両に2台のカメラを搭載し、スマートフォンで映像を見ながら運転できるプラレール「スマホで運転!ダブルカメラドクターイエロー」を10月13日に発売すると発表した。1万2000円(税別)。

【運転士目線のカメラ映像をみる】

 運転士の視点で楽しめる「運転士カメラ」と、乗客視点の「車窓カメラ」を搭載。無料の専用スマホアプリ(iOS/Android)でカメラの映像をリアルタイムで見ながら、電車のスピードを調整したり止めたりといった操作ができる。アプリには録画機能も搭載し、保存した映像はSNSなどに投稿できる。

 撮影した映像にはランダムで雨や雪が降ったり、朝や夜などのエフェクトがかかったりする。視聴開始から一定時間たつと、カメラ映像がワープ画面に切り替わった後、巨大なジオラマの中を走る映像が流れる「夢の扉モード」も備える。

最終更新:9月6日(火)18時4分

ITmedia ニュース