ここから本文です

小田原漁港近くにマグロ専門店 「まぐろ食べ比べ」「まぐろ丼」など /神奈川

みんなの経済新聞ネットワーク 9月6日(火)23時59分配信

 小田原漁港近くにあるマグロ専門店「かしわ水産」(小田原市早川1、TEL 0465-20-3307)が9月24日、オープン半年を迎える。(小田原箱根経済新聞)

「マグロ丼」(1,500円)

 魚は小田原漁港と三崎漁港で仕入れたマグロを使った料理がメインの同店。はちまき姿がトレードマークの「目利き社長」こと柏木雄介さんが仕入れを担当し、長谷川里永子さんが調理を担当する。店頭では小切りにした「柵売り」(赤身=1,000円~、中トロ=2,500円~)も販売している。地の魚に関しては長谷川さんも市場に出向き仕入れることも多いという。

 小田原の漁師の家で育ったという長谷川さんは「朝からアジのたたきが食卓に並び、普通にベーコンエッグが食べたいなぁと思う時があったが、今は自分の子どもたちにも魚を多く食べさせている。新鮮な魚はとにかくおいしい」と笑顔を見せる。

 長谷川さんのお勧めは、赤身、中トロ、中トロ炙り、ミナミマグロ大トロの4種類が食べ比べできる「まぐろ食べくらべ」(2,000円)。一面がマグロでご飯が見えない「まぐろ丼」(1,500円)は「つみれ汁」が付き、観光客から喜ばれているという。

 長谷川さんは「自分の子育て中に、料理を作ることの楽しさや、作ったものをおいしいと喜んで食べてくれる家族や友だちの顔を見て幸福を感じ、この道に進めたらなぁと考えている時に柏木社長に声を掛けてもらった。オープンしてからは無我夢中。来店した人々のおいしいの声を聞き何度も励まされた」と話す。

 営業時間は平日10時30分~15時、土曜・日曜・祝日8時~16時。水曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月6日(火)23時59分

みんなの経済新聞ネットワーク