ここから本文です

【C大阪】杉本、ろっ骨骨折と肺損傷で全治3週間…柿谷もリハビリ中で両ストライカー不在に

スポーツ報知 9月6日(火)15時49分配信

 C大阪は6日、FW杉本健勇(23)が左ろっ骨骨折と外傷性気胸のため全治3週間と発表。3日の天皇杯・京都戦(金鳥スタ)で負傷し、大阪市内の病院で同日にレントゲン検査、5日に再検査を受けていた。

 杉本は今季、J2リーグでチーム最多の9得点、3回戦に進出した天皇杯でも2戦6発と活躍していただけに、痛い離脱だ。8月に右足首を手術した元日本代表FW柿谷曜一朗(26)もリハビリ中。両ストライカー不在に大熊清監督(52)は「イレギュラーに次ぐイレギュラーだが、相手にとって脅威となるメンバー構成を考えたい」と目前のJ2長崎戦(11日・金鳥スタ)以降を見すえた。

 杉本はこの日、痛々しいコルセット姿で取材陣に対応。負傷シーンを振り返り「(京都MF)アンドレイは明らかにプレーが止まった後で膝を入れてきた。受け入れがたい」と怒りをあらわに。「休養し、パワーアップする期間をもらった」と10月復帰へ、前向きに気持ちを切り替えた。

最終更新:9月6日(火)17時24分

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。