ここから本文です

フィリップスのLED照明にポータブルな「Hue Go」が登場 リボン型のLED照明も

ITmedia LifeStyle 9月6日(火)19時15分配信

 フィリップス ライティング ジャパンは9月6日、iPhoneやiPadなどから自由に色や明るさを変えられるLED照明「Philips Hue」シリーズの新製品、「Philips Hue Go」を発表した。

【Hue Goとライトリボン プラスの明るさ】

 また、リボン状のLED照明「Philips Hue ライトリボン プラス」と延長オプションの「Philips Hue ライトリボン プラス エクステンション」を同時に発表した。3製品とも9月6日からオンラインストアなどで順次販売を開始する。価格はオープンで、予想実売価格はHue Goが税別9800円、ライトリボン プラスが1万1800円、ライトリボン プラス エクステンションが3400円となる見込み。

 Hue Goはバッテリーを内蔵し、室内の好きな場所に持ち運べるLED照明だ。従来のHueシリーズがHueブリッジを通してiPhoneなどからしか色の調整ができなかったのに対し、Hue Goには本体のボタン操作で7つのプリセットシーンや好みの色を設定できる機能が加わった。満充電の状態からはバッテリー駆動で約3時間の使用が可能だという。明るさは最大300lm(ルーメン)、平均寿命は2万時間、再現色数は約1600万色となる。消費電力は最大6W。サイズは150(直径)×80(高さ)mmで、重量は920g。

 ライトリボン プラスは長さ2mのリボン型LED照明で、33cmごとにカット可能で、好みの長さに調整しての使用が可能だ。裏面はテープになっているので、カーテンレールやソファの下など、さまざまな場所に貼り付けて空間演出ができるとうたう。また、延長用のライトリボン プラス エクステンションで1mごとに延長でき、最大10mまで延ばせる。明るさは最大1600lm、平均寿命は2万時間、再現色数は約1600万色となる。消費電力は最大20.5W。サイズは2000(長さ)×12(幅)×3(厚さ)mmで、重量はパッケージ込で360g。

 ライトリボン プラス エクステンションのスペックは明るさが最大800lm、長さが1000mm、重量がパッケージ込で100gである他はライトリボン プラスと変わらない。

最終更新:9月6日(火)19時24分

ITmedia LifeStyle