ここから本文です

「辺境の老騎士」マンガ版がサードで開幕、「10DANCE」移籍連載も決定

コミックナタリー 9月6日(火)21時58分配信

支援BIS原作による菊石森生の新連載「辺境の老騎士 バルド・ローエン」が、本日9月6日発売のヤングマガジン サードVol.10(講談社)にてスタートした。

【この記事の関連画像をもっと見る】

同作は支援BISによる小説「辺境の老騎士」をコミカライズした作品。魔獣の脅威から人間を守る“大障壁”に囲われた世界を舞台に、引退した58歳の騎士のグルメファンタジーが展開されていく。

また今号にて御影夏「ゴーストライター」、安井ミイト原作による森よし「ディノ・サピエンス」、小林且典(企画屋)シナリオによる長田悠幸「TIGER MASK―シャドウ・オブ・ジャスティス―」が最終回を迎えた。なお麗人(竹書房)にて発表されていた井上佐藤「10DANCE」が、ヤングマガジン サードに移籍することが決定。次号Vol.11に移籍連載前の予告編が掲載される。

最終更新:9月6日(火)21時58分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。