ここから本文です

DustelBoxも夢中、「攻殻機動隊S.A.C. ONLINE」は11月にサービス開始

コミックナタリー 9月6日(火)22時7分配信

アニメ「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」をもとにしたPC向けオンラインゲーム「攻殻機動隊S.A.C. ONLINE」のプレスカンファレンスが、本日9月6日に都内にて行われた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「攻殻機動隊S.A.C. ONLINE」はプレイヤーである主人公の視点でゲームの世界を動き回り、武器などを用いて戦うFPSスタイルのアクションゲーム。プレイヤーは「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」の世界観の中で、公安9課の一員としてサイバーテロリストと戦っていく。ゲーム内には草薙素子、バトー、トグサ、イシカワ、サイトー、ボーマ、パズらおなじみのメンバーが登場。キャラクターの声はアニメと同じ声優が担当している。

プレスカンファレンスでは、「私自身も『攻殻機動隊』シリーズの大ファン」と語るネクソンのオーウェン・マホニー社長が登壇。「(同じくネクソンのオンラインアクションRPG)『アラド戦記』を手がけたNEOPLE Inc.が本作で開発を担当しています。原作の個性豊かなキャラクターの特徴を生かしたスキルを使用できる『スキルシステム』、そのスキルを戦闘中に味方に共有できる『スキルシンクシステム』が当作の魅力。近未来のゲーム体験を味わっていただけます」と力強く語った。

続いてプロゲーマー集団「DetonatioN Gaming」のDustelBoxが登場し、実際にプレイしながらゲームのモードやキャラクターのスキルなど概要を説明していった。素子は「光学迷彩」、バトーは「アームランチャー」、トグサは「シーカードローン」などそれぞれが固有のスキルを所持。義体のカスタマイズやタチコマの活用など、アニメの世界観を楽しみながらプレイできる。

「攻殻機動隊S.A.C. ONLINE」の正式サービスは11月末にスタート。9月15日から18日まで千葉・幕張メッセで開催される、東京ゲームショウ2016にて試遊ブースが設置される。

最終更新:9月6日(火)22時7分

コミックナタリー