ここから本文です

愛と表現力に感動……! 学校の先生が描いた「君の名は。」黒板アートが公式スタッフも驚くすごさ

ねとらぼ 9月6日(火)21時30分配信

 「教え子からのリクエスト」と、学校の先生であるはまーさんが描いた映画「君の名は。」の黒板アートがネット上で話題になっています。黒板に描かれたとは思えないこの表現力……!

【元になった「君の名は。」のキービジュアル】

 黒板いっぱいにフルカラーで描かれた絵は、「君の名は。」のキービジュアルで、立花瀧と宮水三葉の2人が階段ですれ違うシーン。周囲の風景まで細かく描かれ、遠くの建物や空、光と影の表現までチョークのみで再現されています。

 制作時間は、はまーさんによるとだいたい10時間くらいで、8月29日と31日の2日間、勤務時間後に描いたとのこと。また、Twitterで拡散されている写真はまだ完成度7~8割のものだそうです。

 ツイートでは「一度諦めかけてたけど、折れずに描いてて本当によかったなぁ」とあるように、こちらの想像以上に制作には苦労があった様子。作品は生徒の文化祭にむけて描かれたものということで、反応について伺ってみると「喜んでくれました」との答えが。また、この作品によって「少しでも美術への関心興味の入り口になればいいなと思います」とも述べています。

 Twitterでは「クオリティ高過ぎ!!」「すげぇぇ…」「私が生徒だったら泣いてしまう」と賞賛するコメントが寄せられ、さらには新海誠監督本人によるリツイート、新海誠作品PRスタッフ公式アカウントが「凄い…!」とツイートするなど、その反響は届くところまで届いたもようです。

最終更新:9月6日(火)21時30分

ねとらぼ