ここから本文です

宝塚退団・龍真咲がエリザベート役!20周年記念ガラ・コンサートで

スポーツ報知 9月6日(火)20時55分配信

 4日に宝塚歌劇団を退団した前月組トップスター・龍真咲が、12月9~18日に大阪・梅田芸術劇場メインホール、東京・Bunkamuraオーチャードホールで来年1月8~20日で開催される「エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート」に出演することが6日に発表された。関係者によると、宝塚退団後の初仕事。「表現のお仕事にご縁があれば。でも年内はゆっくりしたい」と話していた龍だが、3か月でエンターテイナー第2章をスタートさせる。

 東京宝塚劇場で9日に開幕する宙組公演「エリザベート」の宝塚初演20周年を記念して、OGの歴代出演者が集結するコンサート。2009年の「エリザベート」で狂言回し役のエリザベート暗殺者・ルキーニを演じた龍は、東京公演の1月11日と同13~15日に、役柄の扮装(ふんそう)で舞台に立つ「フルコスチュームバージョン」でルキーニ役を務める(15日には午後12時30分開演の部のみ)。

 注目は龍の地元・大阪公演の12月14日午後6時の部。オーストリア王妃エリザベート役でステージに立つ。宝塚時代は「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラなど女性役も多く務めてきたオールラウンダーだけに、今後の幅広い舞台活動が期待されそうだ。トート役は麻路さきが務める。

 公演には、宝塚現役生徒も特別出演。専科から轟悠、凪七瑠海らが参加する。

最終更新:9月6日(火)20時55分

スポーツ報知