ここから本文です

次世代ジャニーズ57人全員主役!キスマイ玉森ら新作舞台「オールスターズ・アイランド」

スポーツ報知 9月7日(水)6時4分配信

 ジャニーズ事務所の若手アイドルが多数出演する新作舞台「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」(12月3日~17年1月24日=東京・帝国劇場)の製作発表が6日、都内で行われ、「Kis―My―Ft2」の玉森裕太(26)、「Sexy Zone」の佐藤勝利(19)ら21人が意気込みを語った。

【写真】会見に登場した21人の全員コメント

 ジャニー喜多川氏(84)が作・構成・演出を手掛け、現時点で総勢57人が出演する予定。「全員が主役」がコンセプトで、ポスターも全員の顔が同じ大きさで掲載されている。佐藤は「50人以上が“主役”を名乗る。すごいエネルギーのぶつかり合いがあると思う。五輪級の舞台を作りたい」と気持ちを高ぶらせた。

 次世代を担う面々が大集結する。先輩後輩は関係ない。主役の座をめぐり、ジャニーズJr.の3人組「Mr.KING」の平野紫耀(19)が「誰にも負けないように」と話せば、永瀬廉(17)も「埋もれないよう自分たちのパフォーマンスをしたい」と堂々と言い切った。

 「―アイランド」は「最も多くのコンサートをプロデュースした人物」など3つのギネス世界記録を持つジャニー氏の4年ぶりの新作。「舞台と客席がひとつになった時、宇宙からの手紙が届く。」をテーマに3部構成で上演される。ジャニー氏は欠席したが、手紙で「主役を決めていません。ゆえに1人1人が主役の気持ちで頑張ってくれると信じている」と思いを込めた。

 舞台の内容については第1部で「過去」、第3部で「未来」を描くという以外、出演者にも内容が知らされていないという。玉森は「こんなにもたくさんのグループが一度に共演するのは、僕自身も初めて。本当に何も聞かされていない。想像以上のものができるとワクワクしている」。予測不能な舞台で年末年始の帝劇を盛り上げる。

最終更新:9月7日(水)8時58分

スポーツ報知

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。