ここから本文です

ムッシュかまやつ、肝臓がん…5月発見通院も先月23日緊急搬送

スポーツ報知 9月7日(水)6時4分配信

 ミュージシャンのムッシュかまやつ(77)が肝臓がんで入院中であることを6日、所属事務所を通じファクスで発表した。

 所属事務所によると、かまやつは今年5月、検診を受けたところ肝臓がんが見つかった。以降は仕事と並行し通院での治療をしていたが、8月23日に脱水のため緊急搬送。そのまま検査入院した。がんの進行度など、詳細については非公表としている。

 かまやつは所属事務所を通じて「絶対復活するから心配しないでください! それまでいろいろご迷惑おかけします!」とコメント。レギュラー出演するCSのフジテレビNEXT「TOKYO SESSION―ROCKIN’GAMBLER―」、JFN系ラジオ「LEGENDS ムッシュかまやつ keep On Running」(いずれも随時放送)について、所属事務所は「体調を見ながら参加していきます」と説明した。

 5日には出演を予定していた歌手・泉谷しげる(68)とのトークライブ(10日)の休演を発表。泉谷は同日のブログで「数ケ月前ムッシュの体調不良を知り、その時点で此のコンサートの中止を進言したのは俺のホウだったんだよ! だが、ムッシュかまやつはコンサートに出たい!を目標にカラダを治す!と熱っぽく云った」とやりとりがあったことを説明。「残念な気持ちいっぱいですが、やはりムッシュの身体を第一に考え、彼の出演中止を受け入れました」と苦しい胸の内を明かしていた。

 ◆ムッシュかまやつ 本名・釜萢弘(かまやつ・ひろし)。1939年1月12日、東京都生まれ。77歳。ジャズシンガーのティーブ・釜萢の長男。青学大在学中に学生バンドを結成し、米軍キャンプを中心に活躍。64年にザ・スパイダースを結成。70年に解散後はソロシンガーとして活躍。現在はファンクバンド「LIFE IS GROOVE」を率いる。

最終更新:9月7日(水)6時4分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。