ここから本文です

グランプリは「人妻さん」 母親・社長・学生の「三足のわらじ」履く23歳、ネクストブレイクに輝く

デビュー 9月6日(火)5時30分配信

 鈴木奈々らが所属する芸能プロダクション・ツインプラネットが主催する全国オーディション『NEXT/BREAK AUDITION』の最終選考会が5日、都内で開催された。応募総数6831名のなかからグランプリに選ばれたのは「人妻幸子。」さん。「母親」「社長」「学生」の“三足のわらじ”を履く23歳だ。人妻さんは、控え室に待つ3歳の息子に向け「“ママ獲ったよ”って伝えたい」と優勝の喜びを語った。

【写真】オーディション最終審査の模様。受賞者の写真

 鈴木奈々をはじめ、個性派のキャラクターが揃う事務所だけに、個性を見逃さないために「全員直接面接」形式のオーディションを東京・大阪で実施。ファイナリスト18名を選出。私服、水着でのウォーキング、「スッピン審査」、「盛り写メ審査」などのビジュアル面の審査から、バラエティ力を問う「変顔審査」「リアクション審査」「モノボケ審査」など、多彩な角度の審査が行なわれた。

 「人妻幸子。」さんというのは、実はツイッター上での名前。自己PRでは「現在、母親・社長・学生と“三足のわらじ”を履いています。今の日本において、女性の子育てや出産、結婚、仕事などのワーク・ライフ・バランスが問われている中で、私自身が実際に両立を体現しているからこそ、世の中に対して発信できることがあるのではないかと思いました。発信するためには影響力が必要なので、ツイッターを1年前に始め、あえて『人妻』というキャッチをつけ、あえて強めの発言を繰り返し、現在は18000人のフォロワーさんがいます。さらにもっと周りの方々に影響を与えたり認知を高めるためには、メディアへの露出が必要だと考えて、今回応募させていただきました」と応募のきっかけを語る。そして「私自身、世の中のお母さんのリアルな、ありのままのアイコンになれると思っています」と結んだ。

 グランプリに選出したツインプラネットの代表は「選んだ基準は即戦力であること、そして『人妻』という人の目に止まるようなキャッチをつけて、セルフプロデュースできる頭の回転の良さ、ソーシャルメディアを使いこなす行動力を高く評価しました。そして人妻なんだけど、このギャップです」とその選考の理由を語った。人妻さんは「驚き過ぎて言葉が出てこないんですが、実は控え室に息子(3歳)が来ていまして、スタッフのお姉さんに遊んでもらって待っているので、“ママ獲ったよ”って伝えたいと思います」と喜びを語った。

 インテリアとアクセサリーの通販会社を自身で立ち上げ、3年目という人妻さん。大学で法律を学ぶ4年生であり、11歳年上の夫との間に3歳の息子がいる。「共働きの難しさや、若くして会社を起こした経験、子供を持っていても夢をあきらめなくていい、ということなど、自分の経験をもとにアドバイス出来たらと思っています。情報番組のコメンテーターなどで広く発信していきたい」と今後のプランを語った。

 MCを務めた鈴木奈々は「事務所の後輩になるんですよね! うれしー! よろしくお願いします。人妻さんのバーターとかで仕事をいただけたらいいなーって思います。私も同じ人妻なので、人妻として一緒に頑張りたいと思います」と、人妻さんに乗っかる気満々のコメントを残した。

 なお、安芸フィールド慈音さん(22)が準グランプリに、安倍花映さん(20)がShop List.com by Crooz.com賞、Soup賞、PRISILA賞に、マグギー美峰さん(14)がBeauty Plus賞、BELeBEL賞に、下山汐里さん(20)がScawaii賞に、Momoさん(25)がaimerfeel賞に、瀬山まどかさん(18)がアイドル賞に、長谷川桃子さん(18)がSHOWROOM賞にそれぞれ輝いた。

最終更新:9月6日(火)9時59分

デビュー