ここから本文です

ミス・ワールド日本代表・田中道子が女優デビュー 『ドクターX』秘書兼愛人役に

オリコン 9/6(火) 5:00配信

 ミス・ワールド2013年日本代表の田中道子(27)が、テレビ朝日系『ドクターX~外科医・大門未知子~』(10月スタート、毎週木曜 後9:00)で、女優デビューを飾ることがわかった。同ドラマシリーズの“お決まり”の一つと言っても過言ではない秘書兼愛人役に大抜てき。役どころについて田中は「新病院長になる蛭間重勝(西田敏行)さんの秘書役で、実は愛人という役どころ。悪女役というものをやってみたかったし、演じがいがあるので楽しみです」と意気込んでいる。

【写真】その他の第4シリーズからの新レギュラー陣

 第2シリーズでは、笛木優子が蛭間の愛人を好演していたが…。第4シリーズでは田中が演じる白水里果が、西田演じる蛭間の秘書に。表向きは蛭間に尽くす才色兼備な女性だが、その正体は金とステイタスが大好きで、蛭間を手玉に取る魔性の女という難しい役どころに挑戦する。

 田中はミス・ワールドを経て同作主演の米倉涼子と同じオスカープロモーションに所属し、モデルとして活躍。今年3月23日に“女優宣言”して話題になった。「実は、事務所の先輩・米倉涼子さんのドラマを見て、『私も女優になりたい!』と目指すきっかけになりました。なので、今回、米倉さんとご一緒できることはとてもうれしいです」と田中。

 “失敗知らず”の人気ドラマシリーズでチャンスをもらい、「うれしかった後に、これは大変なことになってしまった、という感情が出てきました。芝居のレッスンは重ねてきて、自信はつけてきたけど、それでも『ドクターX』という作品の大きさに、大丈夫かなと不安でいっぱいです」と話している。

 そんな後輩に、“女優宣言”の先駆者でもある米倉は「私が初めてドラマに出演した時は、田中さんほどせりふをもらえなかったんですよ」と過去の自分を振り返りつつ、「大先輩である西田敏行さんのそばで勉強させていただけるなんて、すごくラッキーな役だと思うんです。この貴重な時間を無駄にしないように、思いっきり頑張ってほしいです!」と、歓迎のエールを送っていた。

最終更新:9/6(火) 11:03

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]