ここから本文です

加護亜依、再婚をテレビで初報告「めっちゃ幸せです」 育児はママ友・辻希美に相談

オリコン 9月6日(火)10時3分配信

 先月8日に38歳の美容関係の会社経営者との結婚を発表した元モーニング娘。でタレントの加護亜依(28)が、6日放送のフジテレビ系『ノンストップ!』に出演。再婚後の初めてのテレビ出演で「めっちゃ幸せです」と現在の心境を語った。

【画像】先月…幸せいっぱい! 直筆FAXで「入籍しました」

 VTR出演した加護は、2011年12月に結婚した会社役員との生活を振り返り、「元夫が家にいなかったのですれ違いがあった。夫婦なのに本音が言えず、駆け引きがあって安らげなかった。テレビで言えないようなこととか…」と夫婦としての安らぎがなかったと回想。14年7月に元夫が違法な高金利で金を貸し付けた出資法違反容疑で逮捕(後に不起訴)されると、翌年に離婚した。

 加護は「離婚するのも大変だったから、結婚って無理だと思った。幸せになれないんだなって」と結婚に対して嫌悪感を抱いていたが、共通の友人から、今の夫となる男性を紹介された。元々、モー娘。時代からの加護のファンだという夫に対して、加護の第一印象は「軽そう」だったが、そのフレンドリーさから娘と仲良くなり、娘を連れて遊びに行ったり、送り迎えをしてくれる姿に加護も心引かれていき、結婚に至った。

 新婚生活について「お家で食べることってすごい大事だなって思った。12歳で上京して家族の時間がなかったけど、今は家族の時間が大切に感じる」と明かし、「夫は大好きなんですって。加護亜依という存在が。いろいろあったけど、それでもカワイイと言ってくれる」とのろけた。

 また、娘が野菜を食べずに悩んでいたところ、かつてモー娘。で一緒に活動した辻希美がアドバイスをしてくれ、今ではママ友として悩みを相談しているというエピソードも紹介された。

 加護は先月8日に所属事務所を通じて再婚を発表。直筆の書面で「今後は何でも主人と相談し合い明るく楽しい穏やかな家庭を築いていけたらと思っております」と新たな家庭へ決意を述べ「私は変わらず精進を重ね、今後も歌手・女優として活動してまいります。皆さまにおかれましては、温かく見守っていただけたら幸いです」と記していた。

 また、同15日は自身のブログで実家にまで取材に来た週刊誌の記者について「話を聞くために車の扉にまで駆けつけて入ろうとする。家の前で出待ちする。この行動には許せない気持ちになりました!」と怒りを露わにしていた。

最終更新:9月6日(火)10時34分

オリコン