ここから本文です

【NBA】キャブスAC陣、来季の契約結べず苛立つ

ISM 9/6(火) 16:46配信

 昨季リーグ優勝を果たしたクリーブランド・キャバリアーズのAC陣が、現時点で来季の契約を結べていないことが分かった。米『CBSスポーツ』のウェブサイトなど複数のメディアが現地5日に伝えている。

 昨シーズン途中に指揮官に就任したタイロン・ルーHCは、ゴールデンステイト・ウォリアーズとのNBAファイナルで1勝3敗からの大逆転優勝にチームを導き、この夏に5年総額3,500万ドル(約36億2,000万円)の契約延長を勝ち取った。しかし、同サイトによると、ルーHCを脇で支えたベテランコーチ陣の数名は、7月1日以降来季の契約がないままになっているとう。

 未契約の状態にあるのは、フィル・ハンディAC、デイモン・ジョーンズAC、ジム・ボイランAC、ジェームズ・ポージーAC。アソシエイトHCのラリー・ドリュー氏は、ACからの昇格で昇給するはずがそれも保留のままで、この不透明な状況にルーHCや他のコーチ陣は腹を立てているという。

 ルーHCは、昨シーズンのスタッフ全員を引き止めたいと思っているようだ。試合の最大の功労者はコートでプレーする選手だが、チームが成功するためにはコーチ陣も極めて重要。『CBSスポーツ』は、新シーズンも迫っているだけに、キャブスはコーチ陣とさらに険悪なムードになる前に、速やかに契約をまとめるべきだと伝えている。

最終更新:9/6(火) 16:46

ISM