ここから本文です

卓球・水谷選手、メダル獲得で「大幅な黒字」 家族の滞在費は170万円

オリコン 9月6日(火)18時1分配信

 リオ五輪卓球男子シングルスで銅メダル、団体で銀メダルを獲得した水谷隼選手(27)、が6日、都内で行われた「スター・ウォーズ」シリーズの新作映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(12月16日公開)のイベントに出席。リオ五輪の舞台裏を聞かれた水谷選手は、家族の現地滞在費が約170万円だったと明かして驚かせた。

【写真】瀬戸大也選手&坂井聖人選もジェダイの騎士のコスプレで登場

 水谷選手は、選手たちが日本食を食べられる“ジャパンハウス”と同じマンションに家族が泊まっていたと振り返り、「滞在2週間くらいで170万円だって嘆いていました」と苦笑。それでも、メダルを獲得したことから「協会とJOCからいくらか(報奨金が)もらえるので、大幅な黒字で終わりました」と話していた。

 イベントには、仲間と共に不可能なミッションに挑む姿を描く同作になぞらえ、リオデジャネイロ五輪で目覚ましい活躍をした水谷選手のほか、競泳男子400メートル個人メドレー銅メダルの瀬戸大也選手(22)、競泳男子200メートルバタフライ銀メダルの坂井聖人選手(21)が出席。

 それぞれリオ五輪の思い出を振り返り、同じ早稲田大学でもチームを組む瀬戸選手と坂井選手は「チームになると自分が思った以上のパフィーマンスが出る」と大切さを語っていた。

 同作は、シリーズの創始者であるジョージ・ルーカスが長年あたためていたアイディアに着想を得た作品。銀河全体を脅かす帝国軍の究極兵器“デス・スター”の設計図を奪うミッションに、反乱軍の個性的なはぐれ者達による極秘チーム“ローグ・ワン”が挑む。

 『J-WAVE presents“ローグ・ワン”DAY』と題したこの日のイベントでは、そのほか、源-Minamoto-、☆Taku Takahashi(from m-flo)、Crystal Kayが登場した。

最終更新:9月6日(火)18時13分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。