ここから本文です

星野源、自身出演の連ドラ主題歌「恋」詳細発表 映像特典は“ニセ明”密着

オリコン 9月6日(火)12時0分配信

 歌手で俳優の星野源が、新垣結衣と共演するTBS系連続ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(毎週火曜 後10:00 10月11日スタート)の主題歌として書き下ろした9thシングル「恋」(10月5日発売)のジャケット写真、収録内容を公開した。

【写真】主人公の契約夫役を演じる星野源

 表題曲「恋」をはじめ、ハウス『ウコンの力』のCMソング「Drinking Dance」、スカパー!リオパラリンピック放送テーマソング「Continues」を収録。4曲目には毎作恒例、星野の自宅レコーディングによる楽曲「雨音(House ver.)」が収められる。

 ジャケットのデザインは、アルバム『YELLOW DANCER』(昨年12月発売)、ライブ映像作品『YELLOW VOYAGE』(今年6月発売)でもタッグを組んだアートディレクター・吉田ユニ氏が担当。女性の手がプリントされた意味深なシャツが印象的なジャケットとなっている。

 本作は初回限定盤(CD+DVD)、通常盤(CD)の2形態。初回盤の付属DVD『恋ビデオ。』には、5月に行われた野外フェス『METROCK 2016』から厳選されたライブ映像および、星野源の大先輩“ニセ明”の沖縄・石垣島への曲作りの旅に密着した特別番組『ニセ明、石垣島へ行く』を収録。星野と友人によるオーディオコメンタリー(副音声)も収められ、トータル120分を超す映像作品となる。

 同曲は、12日深夜のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』(毎週月曜 深1:00)で初オンエアされる。

最終更新:9月6日(火)17時55分

オリコン