ここから本文です

レースクイーン、攻殻機動隊コスプレ姿で登場 「武器を持つとテンションあがる」

オリコン 9月6日(火)17時39分配信

 『レースクイーン大賞2015』を受賞したレースクイーンの清瀬まちが6日、都内で行われた「攻殻機動隊 S.A.C. ONLINE プレスカンファレンス」に登場した。清瀬は『攻殻機動隊』の主人公である草薙素子のコスプレを披露し、会場に華を添えた。

【写真】オペレーター姿のコスプレを披露した渡辺順子

 『攻殻機動隊 S.A.C. ONLINE』は人気アニメーション作品『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』をもとにした、PCオンラインシューティングゲーム。同イベントでは、プロゲーミングチーム「DetonatioN」のスタープレイヤーであるダステルボックス氏が実際にゲームをプレイし、運用担当者と共に主要キャラクターの魅力を紹介した。

 ゲーマー歴8年という清瀬は普段コスプレも趣味でしていることを明かし、今回のイベント用に作ってもらった衣装に対し、「このクオリティはさすがに自分では出せないので、テンションあがりますね。さらに、武器を持つと“あ、これ使っているやつだ”と思ってめちゃめちゃあがります」と満面の笑みを見せた。

 コスプレのおすすめポイントについては「素子は装飾品がすごくかっこよくて、一個一個の装飾がすごく手の込んだつくりになっているので、かっこいいところを見ていただきたいと思います」とアピールした。

 また、イベントには同じくゲームやアニメ好きのレースクイーン・渡辺順子も出席。『攻殻機動隊』に登場するオペレーターのコスプレ姿を披露した。まだまだゲーム経験は浅いと話す渡辺は「それぞれのキャラクターの個性が生かされた演出もあるので、これを機会にどっぷり世界観にはまってみたいなと思いました」と意気込んだ。

 『攻殻機動隊 S.A.C. ONLINE』は9月15日(木)から18日(日)に開催される『東京ゲームショウ2016 e-Sportsステージ』にて試遊ブースを出展。正式サービス開始は11月末を予定している。

最終更新:9月7日(水)9時32分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。