ここから本文です

USJの“ギネス”ツリー今年が最後

オリコン 9月6日(火)20時9分配信

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは6日、冬のシーズナル・イベント『ユニバーサル・ワンダー・クリスマス』(11月11日~2017年1月9日)の開催発表とともに、冬の風物詩として多くのゲストを圧倒的な光と感動で包み込み、ギネス世界記録や「一生に一度は見たいクリスマスツリー」の称号を得た、クリスマスツリーが、ついにこの冬で最後を迎えることを告知した。

【写真】昨年…『ユニバーサル・ワンダー・クリスマス』の模様

 同ツリーは、昨年53万4280球という圧倒的な電飾数で、2011年から5年連続ギネス世界記録(※)の獲得をはじめ、世界最大の旅行口コミサイト『トリップアドバイザー』による「死ぬまでに見たい世界のクリスマスツリー10」で世界10選(日本国内で唯一)に選出。そのほか、gooランキングで「一生に一度は見たいクリスマスツリー」第1位になるなど、多くの人々から支持されていた。

 また、全国からは「毎年クリスマスツリーを観るために来場しており、それが12月生まれの娘の楽しみになっています」(東京都/ご家族)「結婚前からクリスマスツリーを見に来ていて、思い出の場所で結婚10年目の記念日を過ごしたいと思いました」(兵庫県/ご夫婦)「何度もデートしたパークで彼女にプロポーズし、綺麗なクリスマスツリーを一緒に見て、記念の場所にしたいと思いました」(兵庫県/カップル)など、数々の感動の声も寄せられていた。

 今年で見納めとなるツリーだが、同社は「天を突くようなスケールの気品あふれるツリーが、世界最高のクリスマス・ライブショーのクライマックスでまばゆい光りを放ち、空間全てが光で包み込まれる体験が今年で最後。大切な人と『一生に一度は見たいクリスマスツリー』の前で過ごす、かけがえのないクリスマスをお楽しみください」と呼びかけている。

 ※Most lights on an artificial Christmas tree/人工クリスマツーに飾られた電飾の最多数」としてギネ世界記録(R)認定(53万4280個、2015年12月17日現在)。ギネス世界記録(R)はギネスワールドレコーズリミテッドの登録商標。

最終更新:9月6日(火)20時28分

オリコン