ここから本文です

渡辺直美、初のワールドツアー開催に意欲「芸歴10周年の集大成として挑む」

オリコン 9月8日(木)6時0分配信

 お笑いタレントの渡辺直美が、10月に初のワールドツアー『Naomi Watanabe WORLD TOUR』を開催することが、わかった。4年ぶりとなる単独ライブとして、米・ニューヨーク、ロサンゼルス、台湾・台北の全3公演を予定している。

【写真】ファッション界でも大活躍!衝撃ビジュアルで登場した渡辺直美

 2007年にデビューしてから、瞬く間にその体格を活かした「ビヨンセの歌ネタ」で一躍ブレイク。その後も、日本初の“ぽっちゃり”ファッション専門誌『ラ・ファーファ』でのイメージキャラクターと表紙モデル、アパレルブランド「PUNYUS」(プニュズ)のプロデュースなど活躍の幅を広げてきた。

 今回のツアーでは、2014年に留学したニューヨーク、エンターテイメントの本場・ロサンゼルス、さらに自身となじみの深い台湾での公演を実施。得意のダンスパフォーマンスを中心に、VTRネタなども披露する予定で「4年ぶりの単独ライブになるので、芸歴10周年の集大成として挑みます!」とやる気をみなぎらせた。

 また、海外公演に踏み切った理由については「今年で芸歴10周年を迎え、初心に戻ってなにかに挑戦したいと思いました。周りからは無謀という声もありますが、挑戦することに意義があると思っています」と説明。「初の海外公演で、何がウケるかわかりませんが、今まで海外の人たちが見たことがないような思い切ったことをやりたいと思っています」と呼びかけている。

■『Naomi Watanabe WORLD TOUR』公演概要
ニューヨーク公演:10月2日、Webster Hall(ウェブスター・ホール)
ロサンゼルス公演:10月4日、Union Nightclub(ユニオン・ナイトクラブ)
台北公演:10月18日、Omni Nightclub Taipei(オムニ・ナイトクラブ台北)

最終更新:9月8日(木)6時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。