ここから本文です

ビーチバレー浦田聖子が第1子女児出産「感謝と母親になった実感で涙」

オリコン 9月6日(火)22時40分配信

 今年1月31日にプロビーチバレーボール選手の庄司憲右(26)と結婚したプロビーチバレーボール選手で、美女アスリートとしても知られる浦田聖子(35)が5日、第1子となる女児を出産した。6日、自身のブログで報告した。

【写真】美女アスリートとして『美脚大賞』も受賞した浦田聖子(左)

 「この度、9月5日に無事に元気な女の子を出産いたしました」と報告した浦田は「初めての経験でしたので感動というより…とにかく安全に産まなければという使命感が優先して出産を終えたというのが正直なところです」と初産を回顧。

 「しかし、落ち着きますと私を産んでくれた母もこんな想いをしてくれて生んでくれたのか…と徐々に感謝の気持ちと母親になった実感が湧いてきて涙が溢れ出てきました」と喜び「出産という素晴らしい経験を与えさせてくれた赤ちゃんに心から感謝するとともに、これからより一層家族力合わせて前に進んで行きたいと思います」と決意をつづった。

 また、出産に立ち会ったという夫の庄司選手もブログで「愛媛での試合を終えて家に到着した3時間後に陣痛が始まりました。まるで僕が帰ってくるのを待ってくれていたかのようで嬉しかったな」と記し「頑張って産んでくれた聖子ありがとう。元気に出てきてくれてありがとう。これからは3人で頑張って行きます」と家族3人の写真を添えブログを結んでいる。

 浦田は今年2月1日に自身のブログを通じて1月31日に入籍したことを報告。6月には「何分初めての経験ですので、ワクワク、ドキドキの連続です」と妊娠を発表していた。

最終更新:9月7日(水)8時57分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。