ここから本文です

ポルノグラフィティ、“ハマスタ”ライブで新たな道を提示

オリコン 9/10(土) 8:40配信

 人気ロックユニット・ポルノグラフィティが、9月4日に横浜スタジアムで『横浜ロマンスポルノ’16 ~THE WAY~』を開催。「サウダージ」「アゲハ蝶」などのヒット曲から、11月発売の新曲までが披露されたこのライブの模様をレポートする。デビュー15周年を超えた彼らが、横浜スタジアムで示した新たな道とは?

【写真】意外な姿も!? 皮ジャン&サングラスも決まるポルノグラフィティ

◆「サウダージ」「アゲハ蝶」、ヒット曲を意外なアレンジで披露

 ライブは、客席のど真ん中に位置する小さなセンターステージで、岡野昭仁と新藤晴一の2人だけのアコースティック形態でスタート。青空の下、奏でられたのは「ハネウマライダー」や「サウダージ」。途中からキーボードとパーカッションが加わったりしたものの、いつもなら派手な照明が似合う時間帯に畳み掛けていくような選曲を、少しゆったりしたアレンジで聴かせていく。

 最初のMCでは、「今までいろんな道に僕らも足を踏み入れたんだけど、今日はまたそことは違う道に、今まで分け入ったことがない道に足を踏み入れようと……。どアタマでは足を踏み入れんでいいようなとこに行ったけど」と語った岡野。実は1曲目の「ハネウマライダー」を途中からやり直したことに触れ、「足を踏み外したな(笑)」(新藤)と笑いを交えながらも“THE WAY”の意味合いを説明。ただ進むのではなく新たな道も見せていきたいという話に、観客は深く納得させられた。特に「アゲハ蝶」は、前回(2014年)の横浜スタジアムでは豪快なファイアーダンサーとともに漆黒の夜を味わうようにして演奏されたもの。まだ明るい中、そよ風を感じながら聴くスパニッシュなノリはとても新鮮だった。

◆「昨日は雨でビショビショだった人も、今日は汗でビショビショに!」

 メインステージに移動してからは、「2012Spark」「ミステーロ」などを続け、吹き出す火柱とともに一気に熱狂ライブ空間を形成。迫りくるメロディ、折り重なって巨大な響きを生むサウンド。岡野の「リミットはずしていくよ! 昨日は雨でビショビショだった人も、今日は汗でビショビショになって帰れ!」の煽りで、さらに場内の気温と湿度はぐんと上がる。

 中盤、再びセンターステージへ移動し、なんとスタンディングドラムとウッドベースを用いたロカビリーテイストで「ヒトリノ夜」「Mugen」を披露。これも実に斬新。皮ジャンにサングラス姿でギターを奏でる新藤も、なかなかハマっていた。そして怒涛のコール&レスポンスから、まるで火花のように客席のタオルが激しく揺れる「Ohhh!!! HANABI」へ。「オー!リバル」「メリッサ」では疾走感と情感が入り混じる楽曲の気持ち良さに、客席から地鳴りのような歓声が上がる。久々の「ミュージック・アワー」では、観客もさらにヒートアップして食らいついていく。熱く、楽しく、嬉しくなる空間。そのボルテージが毎度上がっていくことが、まずはこの横浜スタジアムライブにおけるポルノグラフィティの伝説のひとつなのだと感じた。

◆“辿り着いた”のではなく、“ここから一歩踏み出していく”

 本編ラストの曲に入る前に、岡野は“THE WAY”(道)についてゆっくり語った。そして彼の合図で、人々の腕についていたシンクロライトが一斉に点灯。少しの怖さを感じながらも、自分を信じて新たな一歩を踏み出すことを歌った「THE DAY」には、最後に“THE WAY ver”としてのフレーズが付け加えられていた。<深い森に分け入るよりも危険な香りのTHE WAY><足を踏み出す 君のTHE WAY>――。それは、一昨年『惑ワ不ノ森』というタイトルで横浜スタジアムライブを行った彼らが、40代になり“迷わなくなった森の中”で追究するのではなく、ここからさらに新しい世界へと一歩を踏み出すんだ、という誓いだった。

 アンコールでは、11月9日発売の新曲と、“初心表明”として16年前に決意を綴った「ダイアリー 00/08/26」を演奏。“THE WAY”という名の今回のライブは、恒例のスタジアムに“辿り着いた”のではなく、“ここから一歩踏み出していく”様を体現した、ポルノグラフィティのロック精神と男気を再確認するライブだった。
(文/川上きくえ)

最終更新:9/12(月) 18:19

オリコン