ここから本文です

ザック・ワイルド、長い長いシールドとともに客席へ

BARKS 9月11日(日)16時45分配信

20年ぶりにソロアルバム『ブック・オブ・シャドウズ?』をリリースしたザック・ワイルドが、現在全米ツアー中ということをききつけ、ハリウッドのThe Fonda Theatreで行われたライブに駆けつけた。

◆ザック・ワイルド画像

驚いたことにツアーメンバーは、ブラック・レーベル・ソサイアティ(BLS)のメンバーだった。ワイルドなイメージが強いザックだが、このツアーでは、ピースフルでエモーショナルな人間味をたっぷり味わうことができる。またサウンド的にもBLSとの違いがそこにはハッキリ現れていた。


なかでも最大のみどころは、ギターソロだ。この夜のライブでは、ステージから客席に飛び降り長い長いケーブルを繋いだまま10分以上オーディエンスに囲まれ客席でプレイ、それは誰も予想できないほどのサプライズだった。あんなに長い長いシールドをギターにつないだまま(ワイヤレスでは無く)誰がこれまでに客席でギターソロを行っただろうか?ピンとまっすぐに繋がれたシールドを遠く離れたステージから操るスタッフの姿にも驚かされた。

またザックがハーモニカを取り入れ演奏した「Between Heaven & Hell」や「As dead as yesterday」ではオーディエンスも一緒に大合唱し、そこにはファミリーとしての絆が強くあることを感じさせられた。

Report, Photo&Movie:Sayaka Shiomi

最終更新:9月11日(日)16時45分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。