ここから本文です

長良川鵜飼に外国客ツアー NPOと旅行会社連携

岐阜新聞Web 9月6日(火)8時50分配信

 観光まちづくり団体のNPO法人「ORGAN」(岐阜市)と旅行大手のJTBが連携し、企画した訪日外国人向けプログラム「鵜飼ツアー」が初めて催された。団体ツアーでは味わえない長良川鵜飼の奥深さに触れられるのが売り。個人客向けで、今後中部空港(愛知県)などで本格的に売り込む。
 ツアー客は鵜飼に詳しい通訳のガイドと共に、長良川うかいミュージアム(岐阜市長良)を見学し、鵜匠宅のある鵜飼屋地区や川原町地区などを散策する。鵜飼文化を理解した上で観覧船に乗り、鮎料理店「川原町泉屋」(同市元浜町)が手掛けた弁当を味わいながら漁を鑑賞する。
 JTBの外国人旅行者向け予約サイト「JAPANiCAN」で7月中旬に発売。魅力を伝え、口コミ効果も狙おうと、来日してまだ日の浅い米国と台湾の家族連れら3グループ11人に声を掛けて開催した。
 参加した外国人は、ミュージアムで説明に熱心に聞き入り、鵜飼装束の腰みのを着ける体験で盛り上がった。観覧でも学んだ知識を生かしながら、伝統の漁を楽しんだ。
 ORGANは今後、同空港内のJTBのカウンターで訪日外国人にプログラムを直接販売する計画。県内外のホテルにチラシも置いてもらう。弁当付きで大人1人9千円。原則、木、金、土曜日に行う。
 問い合わせはORGAN、電話058(269)3858。

岐阜新聞社

最終更新:9月6日(火)9時58分

岐阜新聞Web