ここから本文です

遠藤周作×スコセッシ監督『沈黙』来年公開、窪塚洋介、浅野忠信ら出演

CINRA.NET 9/6(火) 10:05配信

マーティン・スコセッシ監督の新作『沈黙-サイレンス-』が2017年に全国で公開される。

【もっと画像を見る(3枚)】

遠藤周作の『沈黙』をもとにした同作。激しいキリスト教の弾圧が行なわれている17世紀江戸時代初期の日本を舞台に、弾圧の中で棄教したとされる師の真実を確かめるために日本を訪れた宣教師の姿を描く。スコセッシが原作と出会ったのは1988年だという。

主演を務めるのは、『アメイジング・スパイダーマン』のアンドリュー・ガーフィールド。さらにリーアム・ニーソン、アダム・ドライバーらが出演するほか、窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシといった日本人キャストも参加している。

脚本を手掛けたのは『ギャング・オブ・ニューヨーク』で『アカデミー賞』にノミネートされたジェイ・コックス。撮影は『ブロークバック・マウンテン』のロドリゴ・プリエト、美術は『ヒューゴの不思議な発明』などで『アカデミー賞』を3度受賞しているダンテ・フェレッティ、編集は『ディパーテッド』などのセルマ・スクーンメイカーが担当している。

CINRA.NET

最終更新:9/6(火) 10:05

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]