ここから本文です

『ジブリ総選挙』1位は『千と千尋の神隠し』、全国5都市で再上映

CINRA.NET 9月6日(火)10時38分配信

投票企画『スタジオジブリ総選挙』の結果が発表された。

スタジオジブリがヨーロッパのWild Bunch社と共に製作した映画『レッドタートル ある島の物語』が9月17日から公開されることを記念して行なわれた同企画。

【もっと画像を見る(2枚)】

1位に輝いたのは、2001年に公開された宮崎駿監督作『千と千尋の神隠し』。同作は日本国内の映画興行収入歴代1位となる308億円という記録を保持している。中間発表では『千と千尋の神隠し』に加えて、『風の谷のナウシカ』『天空の城ラピュタ』『魔女の宅急便』『もののけ姫』などが上位にランクインしていた。

『千と千尋の神隠し』は、9月10日から16日まで全国5都市の5劇場で上映される。上映劇場は北海道・札幌シネマフロンティア、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズ、愛知・TOHOシネマズ名古屋ベイシティ、大阪・TOHOシネマズ梅田、福岡・TOHOシネマズ天神となる。

CINRA.NET

最終更新:9月6日(火)10時38分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。