ここから本文です

シリアの連続爆弾攻撃、死者48人に

AFPBB News 9月6日(火)7時23分配信

(c)AFPBB News

【9月6日 AFP】内戦が続くシリアで5日、バッシャール・アサド(Bashar al-Assad)政権側が掌握する地域を中心に爆弾攻撃が相次ぎ、少なくとも計48人が死亡、数十人が負傷した。国営メディアが伝えた。イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が一連の爆発について犯行声明を出した。

 爆発が起きたのは同国西部のタルトス(Tartus)とホムス(Homs)、首都ダマスカス(Damascus)、クルド人勢力が大半を掌握しているものの政府軍が一定の存在を維持している北東部ハサカ(Hasakeh)。

 タルトスでは標的となった郊外の橋で、まず爆弾を積んだ自動車が爆発し、負傷者を助けようと人々が集まったところで自爆犯が爆発物を仕込んだベルトを起爆。国営テレビは地元の病院長の話として、少なくとも35人が死亡、43人が負傷したと伝えた。

 一方、ダマスカスでは、同市西部の道路で爆発があり、1人が死亡、3人が負傷したと国営メディアが報じた。

 さらに、ダマスカスの西に位置するホムスでは、中心部に位置するザーラ(Zahra)地区の入り口で自動車が爆発し、少なくとも4人が死亡した。ザーラ地区は住民の大半がアサド大統領と同じシーア派の分派アラウィ派(Alawite)に属している。

 またハサカでは、バイクに乗った自爆犯による爆発で8人が死亡した。在英のNGO「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」は、クルド人治安部隊「アサイシュ(Asayesh)」の検問所で爆発が起きたと述べている。

 ISは傘下の通信社アマック(Amaq)を通じて、「一連の同時自爆攻撃」は同組織によるものとする声明を発表した。映像は、ホムスの現場。(c)AFPBB News

最終更新:9月6日(火)7時23分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。