ここから本文です

「くまモン電車」大阪環状線で運行へ 車体と車内広告で熊本をPR

乗りものニュース 9/6(火) 7:00配信

車体にくまモンからのメッセージ

 熊本県と公益財団法人熊本県観光連盟、JR西日本は2016年9月1日(木)、「くまもと観光復興支援キャンペーン『RE:SMILE』」を開始。その一環として9月23日(金)からラッピング列車を運行します。

国内鉄道路線の動向一覧〈近畿~沖縄編〉

 大阪環状線の1編成を使用。全車両の車体と車内広告が「熊本×くまモン」で埋め尽くされるといいます。車体は天草の青と阿蘇の緑をイメージし、熊本県の“営業部長兼しあわせ部長”を務めるキャラクター「くまモン」を、「びっくりする絶景が待ってるモン!」「あったかい名湯が待ってるモン!」などといったメッセージとともにデザイン。車内は、熊本の観光やグルメを紹介する広告が掲出されます。

 キャンペーン期間は10月31日(月)まで。ラッピング列車のほかにも大阪駅の御堂筋口改札外コンコースでのデジタルサイネージ(10月30日まで)をはじめ、ポスター、車内吊り広告、パンフレットなどを順次活用して熊本がPRされます。9月24日(土)、25日(日)には大阪ステーションシティ(大阪市北区)にて、観光PRや物産販売、くまモンのステージイベントなどが行われる予定です。

乗りものニュース編集部

最終更新:9/6(火) 7:52

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。