ここから本文です

長谷川博己、リッツパーティーの主催者に【動画付き】

オリコン 9月6日(火)14時45分配信

(C)ORICON NewS inc.

 ナビスコ『リッツ』のテレビCMの新イメージキャラクターとして、俳優の長谷川博己が起用されたことが6日、明らかになった。この日、都内で行われた新テレビCM完成披露イベントで発表された。

 『リッツ』はヤマザキナビスコ(現ヤマザキビスケット)が、米モンデリーズ・インターナショナルとの製造・販売ライセンス契約により、45年以上も製造・販売してきたが、今年の8月末で契約を解消。9月からはモンデリーズ・ジャパン社が『リッツ』のほか『オレオ』や『プレミアム』を販売することになった。

 これにより、1988年より28年にわたって『リッツ』のCMに出演していた女優の沢口靖子に代わり、長谷川が新たな『リッツ』の顔となる。この日は“いまどきのリッツパーティー”を楽しむ新CMが初披露された。

 新CMでは、リッツの美味しさを「ボーノ!」とイタリア語で表現した長谷川。このせりふは「アドリブですね、自然とそういう言葉が出ました」と撮影時を振り返り、「自然な表情を撮るためにカメラを長回ししていましたね、とても楽しかったです」と、リッツパーティーを堪能したようだ。

 もう一つの看板商品である『オレオ』のCMのイメージキャラクターは、俳優の大森南朋が務めることも発表された。長谷川おすすめの「いぶりがっことクリームチーズ」の“オンザリッツ”を試食すると「非常においしいですね、(いぶりがっことクリームチーズは)合いますね」とほほ笑んでいた。

 なお、沢口はヤマザキビスケットの新製品『ルヴァン』のCMキャラクターを務めている。

(C)ORICON NewS inc.

最終更新:9月6日(火)14時45分

オリコン

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。