ここから本文です

大阪・京橋駅空襲慰霊祭 終戦前日の空襲で死者200人以上…無念募る(矢野宏/新聞うずみ火)

アジアプレス・ネットワーク 9/6(火) 6:00配信

◆せめて一日早く戦争が終わっていれば…

終戦前日、米軍による大阪への最後の大空襲で多数の犠牲者を出した「京橋駅空襲」の慰霊祭が8月14日、大阪市城東区のJR京橋駅南口近くの慰霊碑前で営まれた。年々、体験者が少なくなる中、遺族や地域の人ら240人が犠牲者を偲んで手を合わせた。

1945年8月14日午後1時過ぎ、145機のB29爆撃機が大阪に来襲。大阪城内にあった東洋一の軍需工場「大阪陸軍造兵廠」に集中攻撃を加えた。

投下した1トン爆弾のうち4発が京橋駅に落ち、うち1発が城東線(現・JR環状線)のガードを突き抜け、乗客が避難していた片町線ホームを直撃した。名前がわかっているだけでも死者210人、家族全員が亡くなったケースもあり、犠牲者は500人とも600人とも言われている。

東大阪市の吉富玲子さん(84)と今年も再会した。吉富さんは当時13歳。長兄(当時19歳)のもとに「15日に姫路の連隊に入隊せよ」と召集令状が届き、母親と一緒に見送るため、桃谷駅から電車に乗り込んだ。2年前に父と姉を亡くしていた。

空襲警報が鳴り、吉富さんらを乗せた電車は京橋駅で停車。吉富さんは母と一緒に片町線の西側にあった防空壕を目指した。大勢の乗客でごった返す中、突然の爆音とともに駅舎は吹き飛ばされ、吉富さんたちは生き埋めとなっていた。大きな石や柱の下敷きになって身動きできない。隣で「玲子、玲子」と呼ぶ母の声はやがて聞こえなくなった。

その日の夕方に助け出された吉富さんは駅近くの聖賢国民学校(現・聖賢小学校)の講堂に収容された。翌15日敗戦。探しに来てくれた次兄から母と長兄の死を知らされる。

「せめて一日早く戦争が終わっていればと思うと悔しくてね」。
戦災孤児となった吉富さんは「親を亡くした子どもはみじめなものでした。ただただ耐えるだけでした」と語り、手にしたハンカチで目頭を押さえた。

戦後生まれが1 億人を超え、人口の8割を超えた。年々、風化していく空襲体験をどう受け止め、戦争を知らない世代へ語り継ぐのか。時間は限られている。(矢野宏/新聞うずみ火)

最終更新:9/6(火) 6:00

アジアプレス・ネットワーク

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。