ここから本文です

大谷翔平いよいよ先発復帰 ダルビッシュ以来の防御率タイトル連覇なるか?

Full-Count 9/6(火) 9:32配信

現在防御率2.02、残り4登板を7回以上で規定投球回に達成

 日本ハムの大谷翔平投手が、6日のロッテ戦(旭川スタルヒン球場)で投手復帰戦に臨む。

現在のパ・リーグ防御率上位は? セ・パ防御率20傑一覧

 中継ぎとして登板した7月24日のオリックス戦(札幌ドーム)以来の1軍マウンド。これまでブルペンでの投球練習に時間を使ってきただけに、復帰戦は短いイニングでの投球となりそうだが、「投手・大谷」で注目されるのが最優秀防御率タイトルの行方だ。

 大谷の防御率は2.02。投球回数は116イニングで規定投球回には足らないが、リーグトップに立つロッテ・石川歩(2.24)を上回る好成績だ。シーズンの規定投球回までは、あと27イニング。6日から中6日を空けて先発ローテーションを守れば、合わせて4度の先発登板が可能。いずれも7イニング以上に投げれば、まだ到達不可能ではない。

 大谷は昨季、防御率2.24で最優秀防御率のタイトルを獲得。2年連続で同タイトルを奪取すれば、09、10年の日本ハム・ダルビッシュ有以来の快挙となる。

 シーズン20本塁打を放ち、なおかつリーグで一番安定した投手になれるのか? 1ゲーム差に迫る首位・ソフトバンクとの壮絶な優勝争いと同じように、大谷の圧巻の投球を期待したい。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9/6(火) 9:50

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています