ここから本文です

全米ジュニア 綿貫陽介がストレート勝ちで初戦突破<男子テニス>

tennis365.net 9/6(火) 3:23配信

全米オープン

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は5日、ジュニアの男子シングルス1回戦が行われ、第7シードの綿貫陽介(フリー)がT・Bryde(アメリカ)を6-2, 6-3のストレートで下し、危なげなく初戦突破を果たした。

日本期待の綿貫陽介とは

この試合、綿貫は5本のダブルフォルトを犯すも、ファーストサービスが入った時に88パーセントの高い確率でポイントを獲得。さらに6度のブレークに成功し、1時間で勝利した。

2回戦ではI・Caruana(イタリア)と対戦する。

その他の日本勢は清水悠太(滋賀県/ パブリックテニスイングランド)が初戦突破、堀江亨(岐阜県/ 関スポーツ塾・T)は1回戦敗退、予選2試合を勝ち抜いた菊地裕太(兵庫県/ 相生学院高校)は1回戦に挑む。

女子では村松千裕(千葉県/ 吉田記念テニス研修センター)が初戦突破、本玉真唯(神奈川県/ S.ONEグリーン テニスクラブ)は1回戦でストレート負けを喫した。第15シードの内藤祐希(東京都/ TEAM YONEZAWA)と宮本愛弓(千葉県/ ローズヒルテニスクラブ)は5日の1回戦に出場する。

tennis365.net

最終更新:9/6(火) 3:23

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]